売れてる物、売れるもの


一昔前の話です。バンダイが発売したネットワークSLGゲーム「ガンダムネットワークオペレーション」という
パソコン用ゲームがありました。この商品販売価格は5980円位ですが当時オークションでは平均2万〜2万5千円
位で落札されていました。
なぜこのような事がおきるのでしょうか?
答えは簡単。需要が供給を上回ったのです。
このソフト、ネットワークゲームというジャンルでプレイヤーがサーバに接続して他のプレイヤーとゲームを楽しめるというのが売りでした。が、初回
販売時メーカーがどの程度サーバに負荷がかかるかわからないという理由で初回生産
2千本限り、追加生産未定という状況になったのです。
その結果が価格の高騰を引き起こし5980円の商品が平気で2万円でも売れてしまう状況を引き起こしたのです。


じゃ、人気があれば高く売れるんか?というとそうでもないです。
上記の例は一時的ではありますが2000本しか生産されなかったから価格高騰がおこったのです。
もし仮にFF XIの続編がでてもヤフオクでの価格高騰は起きないと予測します。
なぜか?単純な話です。すでに過去に売れた実績がある場合、今回も売れるであろうと予測され当然生産本数も
莫大になるからです。
需要があっても供給が行き届いていては儲けることはできません。
この場合儲けを出すためには問屋などと取引ができる人くらいではないでしょうか?


需要はあっても供給の無いもの。
皆さんは何が思いつくでしょうか?。プレミア品?レア物?
これは間違いではないのですが問題はプレミア品をどこで入手するかです。
知っての通りプレミア品とかレア物っていうと馬鹿が付くくらい高い物と相場がきまってます。
ヤフオクで安く?う〜ん、どうでしょう?通常より安くなるかもしれませんが転売となると儲け金額は少ないのでは
ないでしょうか。それ以前にある程度のお金が必要になります。


そこで考えたのがプレミアが付くであろう商品に目星を付け複数購入後即転売する方法です。
気をつけたいのは確実に売れる商品である事と安く入手できるものである事です。
安くというのはその分だけ高く売れた時の利益が大きいからです。


で、私が目星を付けたものはSONYのデジタルカメラ DSC−T1(\56500 税、送料別 メモリースティックなし)です。
なに?安くないじゃないかって?まあまあ、実際買うのは高いし手が出ませんけど需要がある程度見込める商品なんですから。それに予想だけな
らタダですし今後の予想にも大いに役立つでしょ?
それにですね、SONY STYLE.COMにて同時購入特典として吉田かばんの専用ケース+ストラップが買えるのです。
私が眼をつけたのはココです。もっとも同時購入特典なので別に買わなければいけないわけです。値段は今現在
不明です。価格表示くらいしろよ(▼▼メ)。
10月24日現在のヤフオクに出品されているもので入札のあるものは35000円で3人
あ、購入特典とは別にSONY STYLEで購入すると3年間無償保証が付きます。。
もしこれで売れなければ人気があっても高い物ではダメ。逆に売れていれば需要のある商品に人気のアイテムが
付けば相乗効果?が得られるのかもね〜となります。
結果がでたらコチラでお知らせしますのでお楽しみに。


そうそう忘れる所でした。オークションでは意外な物に高値が付くことがあります。
試しに身の回りの不要物を出品してみましょう。
高く売るコツは一般的に安い値段で出品する事と言われています。1円とか100円とかで出して見ましょう。


でも大抵のものは購入金額以下の金額で落札されるはずです。
あまり期待しないようにね^-^; 
初心者の方でオークションに出品しても高値で売れないと嘆く方がいるそうですが、それは当然です。
出品されてる大抵のものは購入金額以下で落札されます。
ま、それは当然ですよね。よほど需要のあるもの以外はそうなります。
なんでもかんでも高値で売れる訳ではないので初心者の方に「これヤフオクで売ってくれ」と依頼があったら一言
言ってあげましょう。


私の経験では歌手、アイドルなどのポスターなんかが物によって高値で売れるんですが、インディーズ系ロック
バンドのポスターが結構高値で売れたりします。
CD屋さんでただで配ってる所があるので見つけたら見繕って売ってみましょう。
私は1枚4000円で売りました。
ただの紙が4000円になるんですからお得でしょ?
CDショップに行ったら無料でもらえるポスターがないか見てみましょう。


売れてる商品を探すための参考HP
オークション統計ページ(仮)
このHPを参考にすればリアルタイムではないですがここ最近、何が幾らで売れてるかがわかるはずです。
事前にコレが売れるだろうと予測してこのHPで照らし合わせるのも良いかもしれません。
情報がすでに出回っていても儲けることは可能でしょうが、確実に多くの利益を得るならばスピード勝負になることは間違いないはずです。




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO